ICOCA

【悲報】阪神タイガースICOCA、人気過ぎて購入まで7時間待ち。メルカリでは5倍の価格で取引も

先日ご紹介した「阪神タイガースICOCA」が、本日甲子園駅で先行発売開始となりましたが、なんと購入まで最大7時間待ちとなっていたようです

10時半時点での阪神電鉄公式リリースでは6時間待ち…

10時時点では7時間待ちだったようです

 

 

用意されたカードは8万枚

出典:阪神電気鉄道『「タイガースICOCA」の発売について』

タイガースICOCAは(ようやく)発売開始となった阪神電鉄のICOCAで、デザインは球団旗をイメージしたものと、阪神タイガースのキャラクターであるトラッキーが描かれた2種類があります。

1日から3日にかけて、まず阪神タイガースの本拠地である甲子園駅で先行発売され、4日から梅田・甲子園・三宮でトラッキー柄が、尼崎・御影・新開地で球団旗柄が発売されるとのこと。価格は2,000円です。

カードは8万枚(うち球団旗5万枚、トラッキー柄3万枚)を用意しているそうですが、この勢いだとあっという間にすべて捌けてしまいそうですね。

大混乱となった100周年記念Suicaの際は1.5万枚だったそうですが、果たしてトラッキーはそれを上回ることになるのでしょうか

 

【追記】その後、段々とマシになってきて40分待ち程度までに縮小してるようです。

 

メルカリでは5倍での転売も

出典:メルカリ

個人間EC取引サイトのメルカリでは既に出品が始まっており、定価2,000円に対して5倍となる10,000円近くでの取引が成立している模様です。

 

関連リンク

あわせて読みたい
【阪神電鉄】「タイガースICOCA」を2019年春から発売へ 出典:阪神電気鉄道『「タイガースICOCA」の発売について』 阪神電鉄は、2019年春より阪神タイガース柄の「タイガースI...

 

参考文献

「タイガースICOCA」の発売方法及び「IC定期券キャンペーン」の実施について – 2019年2月19日
https://www.hanshin.co.jp/company/press/detail/2473