【データ】過去5年間のクレジットカード発行数ランキングをまとめてみた

「発行枚数1位!」や「あの人気カードが…!」などなどと、カード会社や比較サイトは謳いますが、その真偽は果たして本当なのか…?といつも思っていました。

そこで今回、日本経済新聞社が出している統計を発見、調査してみたので、そのデータと共にご紹介します。

 

 

2015年

 カード名  シェア率 前年度比
  1位…三菱UFJニコス  12.3% ▲0.5%
  2位…三井住友カード  11.7% +0.1%
  3位…楽天カード  10.0% +1.1%
  4位…クレディセゾン  9.9% ▲0.2%
  5位…イオンフィナンシャルサービス  9.3% ▲0.1%

取扱高は43兆2237億円。

直近のデータでは、三菱UFJニコスがシェアトップでした。

Nicosブランドは、田村正和のCMで一時期かなり知名度を誇っていたように思いますが、近年は合併などであまり名前を聞かなくなりました。しかしそれでも尚、三井住友カードを差し置いてトップを走り続けています。

また、楽天カードは前年比+1.1%と圧倒的な成長率で3位に浮上しており、さすがは顧客満足度指数8年連続1位のカードですね。

 

2014年

 カード名  シェア率 前年度比
  1位…三菱UFJニコス  12.8% ▲0.3%
  2位…三井住友カード  11.6% +-0%
  3位…クレディセゾン  10.1% ▲0.1%
  4位…イオンフィナンシャルサービス  9.4% ▲0.1%
  5位…楽天カード  8.9%  +1.4%

取扱高は40兆4638億円。

この年より楽天カードがトヨタファイナンスを競り落としてランクイン。勢いづいてきてますね。ツートップの三菱UFJニコス、三井住友カードは2015年と変わっていません。

 

2013年

 カード名  シェア率 前年度比
  1位…三菱UFJニコス  13.1% ▲0.5%
  2位…三井住友カード  11.6% ▲0.2%
  3位…クレディセゾン  10.2% ▲0.1%
  4位…イオンフィナンシャルサービス  9.5% ▲0.8%
 5位…トヨタファイナンス  8.2%  +0.1%

取扱高は37兆6352億円。

楽天カードの代わりにトヨタファイナンスがランクインしていますが、トヨタ系の車を購入する際にキャッシュバックサービスがあるからか、ディーラーで契約する人が多いんだとか。

 

2012年

 カード名  シェア率 前年度比
  1位…三菱UFJニコス  13.6% ▲1.1%
  2位…三井住友カード  11.8% ▲0.1%
  3位…クレディセゾン  10.3% ▲0.3%
  4位…イオンフィナンシャルサービス  10.1% ▲1.5%
 5位…トヨタファイナンス  8.1%  –

取扱高は34兆623億円

2012年もあまり変わり映えがありません。

 

2011年

 カード名  シェア率 前年度比
  1位…三菱UFJニコス  14.7% ▲0.5%
  2位…三井住友カード  11.9% +0.2%
  3位…クレディセゾン  10.6% ▲2.4%
  4位…イオンフィナンシャルサービス  8.6% +0.4%
  5位…セディナ  6.9% ▲0.4%

取扱高は31兆9791億円(この年より経済産業省の統計を使用)

この年から統計の取り方が変わり、「自社発行カード(プロパー)のみをカウント、提携カードは対象外」というルールになっています。このことから、2010年までランクインしていたJCBは対象外となっています。

データは前年度とのつながりがないため、現在のデータと照らし合わせるのはここまでとなっています。

 

 

2010年

 カード名  シェア率 前年度比
  1位…三菱UFJニコス  14.2% +0.1%
  2位…JCB  13.6% +0.9%
  3位…三井住友カード  13.1% +0.4%
  4位…クレディセゾン  7.6% ▲0.4%
 5位…イオンフィナンシャルサービス  5.5%  +1.0%

取扱高は52兆205億円。

先述したように、この年までは「提携カード」も含めた数値なので、2011年度とは若干数値が異なります。

 

2009年

 カード名  シェア率 前年度比
  1位…三菱UFJニコス  14.1% ▲0.3%
  2位…三井住友カード  12.7% +0.5%
  3位…JCB  12.7% +0.4%
  4位…クレディセゾン  8.0% ▲0.4%
  5位…イオンフィナンシャルサービス  4.5%  +0.1%

取扱高は48兆2118億円

非接触決済サービスである「iD」が堅調だった影響で、この年より三井住友カードが+0.5%と大幅に躍進して2位に踊り出ています。

 

総評:Apple payがどの程度シェアを変えるか

7月頃に最新の調査結果が公表されますが、2016年度はApple Payがどの程度シェアを変えたのかが気になるところですね。

非接触決済に強い「iD」を持つ三井住友カードや、「Suica」を持つViewカードあたりに注目が集まりそうです。

 

 

(参考)1994年

 カード名  シェア率 前年度比
  1位…JCB  12.4% ▲0.1%
  2位…住友クレジット(現:三井住友カード)  9.5% ▲0.1%
  3位…日本信販(現:三菱UFJニコス)  7.3% +-0%
  4位…クレディセゾン  4.5% +0.4%
  5位…DCカード(現:三菱UFJニコス)  4.0%  +0.2%

取扱高は13兆4793億円

かなり前のデータも参考用に掲載。バブル崩壊後の日本では、JCBが圧倒的なシェアを誇っていたようですね。

 

解説

今回のランキングで調査対象内とされたカードは次の通りです。

 

三菱UFJニコス…MUFGカード、DCカード、UFJカード、NICOSカード

三井住友カード…三井住友VISAカード、三井住友VISAゴールドカード、三井住友VISAプラチナカード等

イオンフィナンシャルサービス…イオンカード

クレディセゾン…永久不滅ポイントの「セゾンカード」、UCカード

楽天カード…楽天カード

トヨタファイナンス…TS CUBICカード、レクサスカード

 

参考文献

日本経済新聞『主要商品・サービスシェア調査 本社100品目調査』各年号

日本経済新聞『点検 シェア攻防 本社調査』各年号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です