これだけは気をつけたいこと

【コラム】キャッシュレス社会における2つのデメリット

2020年の東京オリンピックに向けてクレジットカードやスマートフォン決済によるキャッシュレス社会化が進んでいます。

これまでは私も原則的にキャッシュレス化は歓迎だったんですが、最近デメリットも多いなと感じることも増えてきました。

今日は、キャッシュレス化による課題と問題点を挙げてみようと思います。

 

①災害に弱い

2018年9月におきた北海道での大地震は、札幌市を含めた北海道各都市に影響を及ぼしました。

その中で、「JR(北海道)でICカードが使えない」「コンビニが停電でICカードが使えない」というツイートが散見されます。

地震・台風・津波と自然災害が多い日本社会の中で、災害に弱いクレジットカードというのは今後対応を迫られそうです。

https://www.excite.co.jp/News/smadan/E1536213271743/

 

②表現の自由をクレジット会社に侵害される可能性

大人な話になるので詳細は語りませんが、ある同人サークルが出したゲームがクレジットカード会社からの要請により販売できなくなった…というケースが2018年8月にありました。

該当ページでは「C社・M社が当該作品の配信停止を要請した」とあります。

これは正直言って私もゾッとしたんですが、あまりにクレジットカード会社に決済手段を依存するような社会になると、実質的に表現の自由を侵害される可能性があるということです。

 

総評

とはいえ、完全にクレジットカードを否定するかというとそうでもありません。要は場面に応じてここは現金、ここはキャッシュレスと対応することが大切かなと思います。

また、キャッシュレスでも特定会社に依存しない、ビットコインなどの仮想通貨も出てきています。

キャッシュレスな皆様は「いかに現金を使わないか」ということに腐心されておられる印象ですが、クレカ依存にはこうした弊害もある…ということをここに記録しておこうと思います。