ゴールドカードは「お金にだらしなくない人の証明」になる

以前より取得しやすくなったとはいえ、ゴールドカードというのはカード会社とそれなりの信頼関係がないと発行されません。

昨今ゴールドカードレベルでは、年収の大小はあまり基準にされず(とは言っても最低基準はありますが)、どちらかといえばカード会社との信頼関係があるかどうかが重要視されます。カード会社との信頼関係は、きちんと毎月返済してきたかどうかが判断基準とされるのです。

つまり、毎月きちんとカード代金を支払ってきた人だけが持てるゴールドカードは、お金にだらしなくない人の証明なのです。

 

「支出の把握が出来ておらず、毎月お金がなくてクレジットカードの支払が遅れている」「新しいクレジットカードが作れない」…これは私の周りであった実話ですが、こういったお金にズボラな人はカード会社との信頼関係も薄いので、まず上位カードは持てません。

女性の方は、交際する前にそういったところに注目すると、相手のお金のだらしなさを推し量る一つの判断基準に使えるかもしれませんね。

 

 

上位カードでもOKだが…

ゴールドカード…と書いていますが、勿論プラチナカード等のより上位のカードなら尚の事◎。

ただ、それほどクレジットカードに興味がない人にとって、ゴールドカード以上のカードを認識出来るかどうかという点で問題があります。要は、知名度がそれほど高くないんです。

わかる人にしかわからないと、そういった効果も薄れてしまいますね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です