Master Card

【マスターカード】ロゴを刷新。文字を減らしてシンプルなCIに

決済カードにおける世界シェア2位のマスターカードは、1月7日(米国時間)に2019年度より従来ロゴに表示されていたロゴタイプ(文字部分)を削除し、シンプルなものへ変更することを発表しました。

Mastercard today announced that it is dropping its name from its iconic brand mark in select contexts. The interlocking red and yellow circles, referred to as the Mastercard Symbol, will now stand on its own across cards using the red and yellow brand mark, acceptance marks at retail locations both in the physical and digital worlds, and major sponsorship properties.

Mastercardは本日、選択されたコンテキストでアイコニックなブランドマークからその名前を落としていると発表しました。マスターカードシンボルと呼ばれる連動する赤と黄色の円は、赤と黄色のブランドマーク、物理的な世界とデジタルの世界の両方の小売店での受け入れマーク、および主要なスポンサーシップのプロパティを使用してカード間で自立します。(Google日本語翻訳)

出典:『Mastercard Evolves Its Brand Mark by Dropping its Name

 

 

1967年から始まったその歴史

出典:https://newsroom.mastercard.com/press-releases/mastercard-evolves-its-brand-mark-by-dropping-its-name/

ロゴの変遷。1966年に設立した「Interbank」からマスターカードの歴史ははじまり、1968年には現在のマークである赤とオレンジの円形が出てきます。

その後何度か改良を重ね、2016年に20年ぶりにデザインを大きくリニューアル、現行のフラットデザインになりました。

ロゴタイプがないCIロゴというのは、文字がなくても固有のブランドであるということがわかるということで、そのブランドが強力に機能していることを示します。

今回のマスターカードのロゴ変更は、「赤とオレンジの円がマスターカードであるということが認知された故のものといえそうです。

 

私の保有しているdカードも、今後はロゴタイプのないマークだけになっていくものと思われます。

 

あわせて読みたい
【ぶっちゃけレビュー】dカードを使ってわかった6つのメリット・3つのデメリット dカードは、NTTdocomoが提供する、初年度年会費無料のクレジットカードです。 ポイント還元率が「1%」と、年会費無料...

 

あわせて読みたい
世界のクレジットカードシェアはVISAが50%と圧倒的 世界のクレジットカードのブランド別シェアはどのようになっているのでしょうか。まあ大方予想はついていましたが、VISAが圧倒的でし...