三井住友・楽天が強い!2016年のクレジットカードシェア率が発表。

日本経済新聞が毎年発表している「主要商品・サービスシェア調査」において、今年もクレジットカードの各社シェア推計が発表されていました。2016年の最新データではどうなったのでしょうか。

 

三井住友カードがトップに

 カード名  シェア率 前年度比
  1位…三井住友カード  11.3% ▲0.4%
  2位…三菱UFJニコス  11.1% ▲1.2%
  3位…楽天カード  10.7% +0.7%
  4位…クレディセゾン  9.2% ▲0.7%
  4位…イオンフィナンシャルサービス  9.2% ▲0.2%

出典:『日経産業新聞』2017年7月24日,17面

取扱高は48兆9179億円。

三井住友カードが直近5年では初めての1位に躍り出ています。EC取引や提携カード拡大が主な要因として挙げられているようです。本当、どえらいカードだ…

 

純増率では圧倒的トップの楽天カード

また、特筆すべきは楽天カード 。2014年にシェア8.9%でトップ5にランクインして以来、破竹の勢いでシェアを上昇させています。2016年は各社シェア数が減退基調の中、唯一純増となっています。

このペースが続くとすれば、2017年には三菱UFJニコスを追い抜き、2位に浮上する事も考えられます。

 

クレジットカードを選ぶ時には、これらのデータを根拠として選ぶのも賢い選択かもしれませんね。

 

 

 

 

2015年までのデータはこちらから

【データ】過去5年間のクレジットカード発行数ランキングをまとめてみた

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です