【データ】バブル時代のクレジットカード発行数ランキングを調べてみた

先日、直近5年におけるクレジットカードのランキングをお伝えしました

今回はもう少し遡り、クレジットカードが浸透してきたバブル時代(1989-90年)のクレジットカードシェア率はどうだったのか、気になって調べてみました。

バブル時代といえば東海道新幹線はまだ100系で、クリスマス・エクスプレスのCMが一世を風靡し、R32スカイラインGT-RやNSXが出た時代ですね。

そんなバブル時代に人気だったカードは、一体どのカードだったのでしょうか。

 

1989年

 カード名  ショッピング取扱高
(シェア率)
伸び率
  1位…JCB  12.3% +0.8%
  2位…住友クレジットサービス  7.8% +1.0%
  3位…日本信販  6.3% +0.5%
  4位…DCカード  3.8% +1.1%
  5位…クレディセゾン  3.8% +1.2%

総取扱高は10兆4,000億円。

時代はバブル真っ只中の1989年。全カードが前年度比でプラスという伸びしろが高い時期ですね。

JCBがトップ、次いで住友クレジット(現:三井住友カード)、日本信販(現:三菱UFJニコス)、DCカード(現:三菱UFJニコス)…と続いています。

 

1990年

 カード名  ショッピング取扱高
(シェア率)
伸び率
  1位…JCB  13.3% +0.8%
  2位…住友クレジットサービス  9.7% +0.7%
  3位…日本信販  7.1% 0
  4位…クレディセゾン  4.0% +0.3%
  5位…DCカード  3.7% +0.3%

総取扱高は11兆円。

各社シェアを伸ばしています。前年度比でマイナスになっているところがありながらも、総取扱高が上がっているのでマイナスにはなっていません。

4位と5位が入れ替わっていますが、俄然「JCB」「住友クレジット」「日本信販」の3強であったようです。

 

 

結論:JCBが強かった

バブル時代のクレジットカードといえばJCB…というほど、JCBが強い時代であったようです。

現在は三井住友VISAカードと双璧をなしながらも、手数料の関係でややシェアを落としつつあるイメージですが、当時はまた違った立ち位置だったのかもしれませんね。

 

参考文献

日本経済新聞社『日経産業新聞』1990年6月14日,1991年6月13日各紙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です